スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り調べDVD、裁判員初の再生=強盗殺人公判-佐賀地裁(時事通信)

 佐賀県唐津市の養鶏場で責任者を殺害し財布を奪ったとして、強盗殺人罪に問われた元従業員小野毅被告(45)の裁判員裁判の第2回公判が23日、佐賀地裁(若宮利信裁判長)であり、取り調べ状況を録画したDVDが法廷で再生された。佐賀地検によると、裁判員裁判での取り調べDVD再生は全国初という。
 小野被告は22日の初公判で、殺害を認めたものの「財布を奪う目的ではない」と強盗目的を否認した。検察側は「取り調べ段階で現金強取目的を自白している」と主張。強盗目的を認める内容を含む供述調書3通について、弁護側が任意性を争い不同意としたため、検察側がDVD再生を求めていた。
 再生されたのは、小野被告が起訴された日に調書に署名・押印した後の様子で約8分間。映像は裁判員らの手元のモニターに映り、音声が法廷内に流された。検事が「殴られたり脅迫されたりはなかったか」「聞いてないことを書かれたことはあったか」と聞き、小野被告が「ないです」などと答えた。地裁は再生後、3通とも証拠採用した。
 起訴状によると、小野被告は昨年7月29日午前7時15分ごろ、唐津市の養鶏場で、責任者赤木隆さん=当時(52)=をハンマーで殴って殺害し、現金約14万円が入った財布を奪ったとされる。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
裁判員や補充裁判員が質問=「借金知っていたのか」-2人強殺初公判・鳥取地裁
強盗殺人事件で男に無罪判決=「自白以外の証拠で認定不可」
元部下、2人殺害認める=「強盗目的ではない」-遺族が審理参加

楽天、ヤフーなどIT各社が初の業界団体 積極的に政策提言(産経新聞)
普天間移設「ベストを探す」=鳩山首相(時事通信)
<就職>不況に泣く18の春 高校内定率74.8%(毎日新聞)
出頭要請14回無視、スピード違反の男逮捕(読売新聞)
府市再編 橋下知事「ひとつの大阪」Vs「大都市圏州」市長(産経新聞)
スポンサーサイト

強盗殺人事件で男に無罪判決=無期求刑、弁護側主張認める-大分地裁(時事通信)

 大分県豊後大野市清川町(当時清川村)で2005年、一人暮らしの無職山口範子さん(61)が殺害され、車などが奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われた無職伊東順一被告(58)に対し、大分地裁(宮本孝文裁判長)は23日、無罪(求刑無期懲役)を言い渡した。
 伊東被告は捜査段階ではおおむね容疑を認めたが、公判で否認に転じ無罪を主張。殺害などを認めた供述調書の信用性を裁判所がどう判断するかが焦点だった。
 伊東被告は05年3月14日ごろ、山口さん宅に侵入し、コンクリートの塊で頭を殴打するなどして山口さんを殺害、車などを奪ったとして、事件発生からほぼ2年後の07年2月に別の事件で服役中に逮捕された。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
元部下、2人殺害認める=「強盗目的ではない」-遺族が審理参加
国際犯罪の情報収集強化=グローバル化に危機感
少女側が告訴取り下げ=元Jリーガー釈放
「死刑反対」で裁判長から質問も=裁判員選任手続きで-2人死亡強盗殺人・鳥取地裁

<民事再生法違反>容疑のIT会社元副社長らを逮捕 警視庁(毎日新聞)
奈良・中宮寺跡 塔の心柱建てたやぐらの柱穴が出土(産経新聞)
鳩山首相、公邸改修に474万円 浴室改修は否定(産経新聞)
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生-大阪府警(時事通信)
【近ごろ都に流行るもの】香りの空間演出 見えない力をビジネス活用(産経新聞)

「森伊蔵」など人気焼酎、中国で無断商標登録申請(読売新聞)

 芋焼酎の「森伊蔵」(鹿児島県垂水市、森伊蔵酒造)や「伊佐美」(同県伊佐市、甲斐商店)といった人気銘柄が、蔵元に無断で中国の商標局に商標登録申請されていることがわかった。

 中国の商標局のサイト中国商標網によると、計10銘柄が2007年11月に商標登録申請された。「魔王」など5銘柄の申請は認められなかったが、「森伊蔵」や「伊佐美」は昨年末に公示され、3か月以内に異議申し立てをしなければ、商標として認められる恐れがあるという。

 蔵元などによると、無断申請したのは福岡県大牟田市の会社。同社は現在、連絡が取れない状態になっている。

 異議申し立てをしている甲斐商店の甲斐弘一社長は「中国での販売は考えたこともない。偽物が作られ、焼酎への信頼が失われないようにしなければならない」と話している。森伊蔵酒造も「情報を聞いてびっくりした。消費者に迷惑がかからないようにしたい」とし、異議申し立ての準備を進めている。

【党首討論詳報】(7)首相「積極的にトライ」(産経新聞)
久保が勝ち3勝1敗=将棋王将戦(時事通信)
未承認バイアグラの広告掲載=通販会社役員ら逮捕-新潟県警(時事通信)
トランス社債権譲渡で黒木容疑者 社長に事後承認要求 (産経新聞)
14隻にも長時間の空白=羅臼漁協、違法操業を隠ぺいか-国後島沖銃撃・北海道調査(時事通信)

同居の兄をけり死なせる 容疑の男逮捕(産経新聞)

 兄をけるなどして死なせたとして、茨城県警筑西署は21日、傷害致死の疑いで、茨城県筑西市関本下、土木作業員、永田秀吉容疑者(45)を逮捕した。永田容疑者は「いらだってやってしまった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、永田容疑者は今月13日、同居する兄の無職、吉孝さん(53)の頭や背中などをけって、肋骨(ろっこつ)を骨折させるなどして、16日ごろ、呼吸不全で死亡させた疑いが持たれている。

 同署によると、永田容疑者が13日に帰宅したところ、台所が水浸しになっていたため、吉孝さんに片付けるように言ったが、全く応じず動かなかったため、暴行したという。

 17日朝、吉孝さんの死亡に気付いた永田容疑者が通報した。

【関連記事】
傷害致死罪で主婦を起訴 夫へのインスリン過剰投与 福岡地検 
罰ゲームは死の覚醒剤焼酎 元組員「合法ドラッグ…飲ませた」
京産大生死亡、傷害致死容疑で19歳少年逮捕 クラブでもめ殴る
妻の妹を殴り死亡させる・傷害致死容疑で夫婦逮捕 広島
七味唐辛子飲ませ4歳次男死なす 母の実刑確定へ

<脱税>マッコリ輸入卸業者を在宅起訴 2年で4400万円(毎日新聞)
ベトナム難民の子、送還取り消し=タイ出生で無国籍-東京地裁(時事通信)
【党首討論】北教組事件「企業団体献金の全面禁止、今こそする時がきた」鳩山首相(産経新聞)
コシヒカリ超えろ…新潟県、新品種を石垣島で栽培(読売新聞)
子守唄で児童虐待防止 母性愛、育児の知恵…全国キャラバン展開(産経新聞)

シー・シェパード メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入(毎日新聞)

 赤松広隆農相は15日、南極海の調査捕鯨船に反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の男性メンバー1人が乗り込んだことを受け、このメンバーを海上保安庁に引き渡して国内の司法手続きにのっとり刑事処分できるかどうか、関係省庁と協議する方針を明らかにした。調査捕鯨を妨害したSSのメンバーが日本当局に引き渡されれば、初のケースとなる。

 水産庁によると、このメンバーは先月、調査船「第2昭南丸」(712トン、小宮博幸船長)と衝突し大破したSSの抗議船「アディ・ギル号」のニュージーランド人船長。今月15日午前9時ごろ(日本時間)、南極海で調査捕鯨をしていた「第2昭南丸」に、水上バイクで接近。侵入を防ぐ防護ネットをナイフで破って船内に乗り込み、衝突事故の損害賠償として約3億円の請求などを求める書簡を第2昭南丸の乗員に手渡したという。

 SSの男性船長は乗り込んだ際、右手親指に軽傷を負い、第2昭南丸の乗員から手当てされた。その後、日本の船員法に基づき身柄を保護され、24時間の監視下に置かれている。第2昭南丸の乗員約20人にけが人はなく、船体にも被害はない。

 SSの男性船長は、11日の酪酸とみられる液体入りの瓶を撃ち込んだ妨害行為も自身がやったことを認めているという。このため、水産庁は、一連の妨害行為が傷害や不法侵入、器物損壊容疑にあたるか、関係省庁と協議していきたいとしている。

 SSメンバーによる調査船へ乗り込んでの妨害は、08年1月以来2回目。前回は、調査船「第2勇新丸」に英国人と豪州人の男性2人が乗り込んだが、日本側は2人を豪州政府に引き渡したため、批判が起きた。

 赤松農相は「遺憾だがこういう措置を取らざるを得なかったということで厳正に法にのっとって対処したい。これを機に、SSをはじめとする関係者はぜひ反省してもらいたい」と述べた。【太田圭介、奥山智己】

【関連ニュース】
シー・シェパード:抗議船が日本の調査船と接触 南極海
調査捕鯨船妨害:衝突のSS船長から事情聴取 NZ当局
シー・シェパード:メンバー1人が調査捕鯨船に侵入
調査捕鯨妨害:抗議船籍はく奪も オランダ政府が法改正案
シー・シェパード:調査船に液体入り瓶 3人顔に痛み

山内議員元秘書を逮捕 立場悪用、金策に奔走(産経新聞)
石巻3人殺傷 包丁に無職少年の指紋 元交際相手、隠蔽か(産経新聞)
大阪府立大の体育部室棟で火災(産経新聞)
自民県議が出馬表明=参院福井、保守分裂へ(時事通信)
<障害年金>不支給は判断ミス、東京高裁が逆転判決(毎日新聞)

登ろう8000メートル峰 登山家・竹内洋岳さんパートナー募集(産経新聞)

 ■今秋チョー・オユーに挑戦

 日本人初の標高8000メートル峰全14座制覇を目指し、すでに12座に登頂している登山家、竹内洋岳(ひろたか)さん(39)が今秋、13座目を目指すパートナーの公募を始めた。無酸素・小人数・軽装備での高峰連続登山など日本の登山家の中でも“先鋭的存在”の竹内さんならではのユニークな試み。山を通じた出会いで「登山の可能性が広がった」と振り返る竹内さんは「お互い、新たな登山の魅力を知る機会になれば」と話している。

 竹内さんが今秋挑むのはチョー・オユー(8201メートル)のチベット側のノーマルルート。酸素や後方支援に頼らず登る予定で、ともに登るパートナー1人を公募する。年齢・性別・経験とも不問。資金面の相談にも応じるが、「一生に一度8000メートル峰に、チョー・オユーに登ってみたい」という人ではなく、「今後の登山の新たな展開につなげたい人」が対象。

 平成7年に未踏のマカルー東稜(8463メートル)登頂、翌年にエベレスト(8848メートル)、K2(8611メートル)の連続登頂に成功した竹内さんが世界の第一線で活躍するクライマーと高峰登山に挑み始めたのは、9年前のナンガ・パルパット国際公募登山隊への参加がきっかけだった。

 隊長を頂点とするピラミッド型組織登山でなく、各国の初対面のクライマーが対等に山に挑む手法に、「登山のプロセスはいくらでもある、とワクワクし自分の登山が変わった」と振り返る。今回、パートナーと分かち合いたいのは、そのとき感じた「無限の可能性」だ。竹内さんは「いろいろな人からもらってきたチャンスを今度は自分が作りたい」と話す。

 募集期間は来月中旬ごろまで。希望者は「14プロジェクト事務局」(〒105-0003 東京都港区西新橋3の24の8 山内ビル4F)へ電子メールアドレスを含む連絡先を明記した書類などを郵送する。後日、選考のうえ決定する。

【1都4県週刊知事】静岡 川勝平太知事 航空各社と不協和音(産経新聞)
<公用車談合>北海道開発局の当時の幹部ら4人処分 国交省(毎日新聞)
大分道で事故、車の4人死傷=ガードレールに衝突(時事通信)
<雑記帳>蓮花ちゃん、きっちり仕分け?ケーキに微妙な差(毎日新聞)
大阪・堺市議に参加要請 「橋下党」23日準備会(産経新聞)

<神奈川県警>「薬物ある」と誘い暴行…容疑の男を再逮捕へ(毎日新聞)

 16、17歳の女子高生2人にみだらな行為をしたなどとして、神奈川県警少年捜査課と浦賀署は17日にも、東京都江東区新大橋2、岡本泰与矢(ひろよし)被告(35)=恐喝罪で起訴=を県青少年保護育成条例違反と覚せい剤取締法違反(所持)容疑などで再逮捕する方針を固めた。女子高生らは岡本被告が出入りするデリバリーヘルスで働いていた友人の少女に「シャブ(覚せい剤)パーティー」と称して呼び出され、「覚せい剤を打たれ性行為をされた」と話しているという。

 捜査関係者によると、岡本被告は09年11月10日、同県横須賀市のホテルで、同市のデリバリーヘルス店「ゴールドラッシュ」共同経営者の男(37)と共謀、女子高生2人にみだらな行為をした疑いが持たれている。

 岡本被告は元デリヘル従業員の少女(当時17歳)を通じて友人の女子高生らを呼び出し、同市野比1の同店経営者、加藤信行被告(34)=同法違反(所持、使用)罪で起訴=と計6人でホテルに行ったという。

 女子高生の一人は「覚せい剤をくれるだけと思ったらホテルに連れて行かれ、注射などをされた。体が動かなくなった時に性行為をされた」と話しているという。県警は共同経営者の男も同条例違反容疑で行方を追うとともに、覚せい剤の入手経路を調べる。

 また、この店では、元デリヘル従業員ら16~17歳の少女3人が覚せい剤を使ったとして、同法違反容疑などで逮捕されていたことも分かった。【中島和哉】

【関連ニュース】
密輸容疑:中華まんの具は“覚せい剤”台湾籍の20歳逮捕
大麻所持:ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕
覚せい剤:病院事務部長を使用容疑で逮捕 神奈川県警
覚せい剤:末端価格1.5億円 所持の容疑者逮捕
薬物密売団:愛知県警などが摘発 イラン人容疑者を追送検

雑記帳 下関だって龍馬ゆかりの地…長府博物館が資料公開(毎日新聞)
捕鯨妨害、逮捕へ調整=侵入活動家の身柄を海保に-農水相(時事通信)
産経新聞iPhone版をヱビスビールが“ジャック”(産経新聞)
<漁船銃撃>船長2人を送検 北海道羅臼海保署(毎日新聞)
郵便不正「村木被告は冤罪」…部下の前任者証言(読売新聞)

<マータイさん>MOTTAINAIショップを訪問(毎日新聞)

 MOTTAINAIキャンペーン名誉会長で国連平和大使のワンガリ・マータイさんが17日午前、毎日新聞東京本社ビル(東京都千代田区一ツ橋)を訪れ、1階のキャンペーン公式店「MOTTAINAI STATION&Shop」に立ち寄った。マータイさんは、京都市で開かれた「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式などに出席するためケニアから来日中。

 マータイさんは風呂敷や着物をリメークしたコートなどに関する説明に「とてもすてきな商品ばかり。世界中で買えたらいいですね」と話した。同店は昨年11月開店。キャンペーン関連商品を展示・販売する国内唯一の常設店舗だ。

 また、マータイさんの伝記絵本「その手に1本の苗木を-マータイさんのものがたり」(評論社)を翻訳して昨年出版した作家の柳田邦男さんも店舗を訪れ、同書をマータイさんに手渡した。

【関連ニュース】
マータイさん:「KYOTO地球環境の殿堂」入り
マータイさん:原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も
マータイさん:来日 広島で記念植樹、京都などで講演予定
MOTTAINAIピックアップ:中古服販売セール好評
MOTTAINAIインタビュー:42回 ワンガリ・マータイさん

<上野動物園>パンダ復活で街も復活…来園者回復の切り札に(毎日新聞)
千葉県勝浦市などで震度3(時事通信)
<火災>民家焼け、71歳女性が死亡 東京・世田谷(毎日新聞)
舛添、菅、塩崎氏らが勉強会=自民に新グループ? (時事通信)
<首都圏・雪>東海道新幹線、一時減速 上下55本に遅れ(毎日新聞)

<厚労省>医薬品行政に監視組織…有識者会議が提言(毎日新聞)

 薬害C型肝炎問題を検証している厚生労働省の有識者会議(座長、寺野彰・独協医科大学長)の作業部会は16日、薬害再発防止へ向け、医薬品行政を監視する第三者組織の設置を厚労省に求めることで合意した。海外の副作用情報などに迅速に反応し、国に必要な対策を取らせるのが目的。食品安全委などと同様の国家行政組織法に基づく設置を求める。厚労省は年度末にまとまる提言を受け、来年度から法改正を含め設置準備に入る。

 薬害肝炎の検証と再発防止は、08年1月の裁判の和解合意に盛り込まれ、有識者会議が2年間にわたって議論を続けてきた。

 サリドマイド、エイズ、C型肝炎など過去の薬害の多くは、海外で危険性が指摘されていたにもかかわらず、国内での対策の遅れが被害を拡大させた。厚労省は担当者の増員を進めているが、国内外で年間約15万件集まる副作用情報などのうち分析対象になっているのは死亡や重篤例に絞った4000~5000件にとどまり、チェックしきれていないのが実情だ。

 また、国内には民間の立場で医薬品の安全性について提言する医師や弁護士らの団体もあるが、公開される情報は限られ、政策に反映させる手順も決まっていない。

 第三者組織は、薬害被害者や医療関係者、法律家ら約10人で構成。一部の委員は常勤とし、公開されていない情報を含めて国と共有しながら、独立した立場で調査や行政に勧告する権限を持たせるとした。

 設置省庁については、内閣府が妥当とする意見もあったが、早期の実現を目指すため厚労省大臣官房に事務局を置くことで一致した。【清水健二】

【関連ニュース】
児童虐待:防止に文科省と厚労省が会議 欠席情報共有へ
郵便不正事件:厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判
高校授業料:滞納分を無利子で融資 厚労省が特例で
全国建設工事業国保組合:本部に立ち入り検査…都と厚労省
無保険:高校生救済7月に開始 対象は1万人 厚労省通知

国家公務員幹部、内閣が「適格性審査」(読売新聞)
作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒-風聞・田中正造」など(産経新聞)
<野口飛行士>宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録(毎日新聞)
小沢氏ご満悦、民主女性議員からチョコ(産経新聞)
<枝野担当相>訓示で行政刷新「まず内閣府から」(毎日新聞)

<里山>開発計画の会社、名古屋市を提訴…5億円支払い求め(毎日新聞)

 開発か保護かで議論になった名古屋市天白区平針の里山を巡り、開発を計画していた会社が15日、市の開発許可が遅れたために損害を受けたとして、市を相手取り約5億円の支払いを求めて名古屋地裁に提訴した。

 提訴したのは宅地開発会社「シィールズ」と「菊和」(いずれも名古屋市)。訴状によると、両社は08年3月に里山約4.3ヘクタールを約20億6000万円で取得。住宅会社と学校法人に転売する計画を進め、09年4月に開発許可を申請。河村たかし市長は「里山として保全したい」と許可を認めず市は買い取りを計画。しかし、価格で折り合わず12月に許可を出した。許可が遅れたため、両社は住宅会社や学校法人に土地を売却できなかったとしている。両社は違約金や売却できなかった分の損害などの支払いを求めている。【山口知】

 ◇「了解得ていた」…河村市長

 名古屋市の河村たかし市長は15日の定例記者会見で、提訴されたことについて「(生物多様性条約の)COP10(第10回締約国会議)での日本最大の提案は里山保全で、開催地の里山を守るために業者の了解も得て待ってもらっていた」と述べ、許可が遅れたことによる賠償責任はないとの考えを示した。

語学講師遺棄 殺人容疑で中国籍の男ら再逮捕 兵庫県警(産経新聞)
千葉県北東部に暴風警報、高波にも警戒(読売新聞)
鉄道ファンが列車止める JR関西本線(産経新聞)
宮古島で震度3、津波注意報も(時事通信)
官邸に銃弾入り郵便物か(時事通信)

<性同一性障害>理解求め手探り…女児として登校(毎日新聞)

 「なぜ私は女の子なのに、男の子の体なの?」。性同一性障害(GID)に苦しみ眠れない夜を過ごしてきた埼玉県の小学2年男児(8)が昨年秋から学校に女児としての通学を認められ、元気に登校できるようになった。「学校に認めてもらえなかったらフリースクールを探すしかない」と覚悟していた母親(46)はひとまず胸をなで下ろすが、悩みは尽きない。【丹野恒一】

 昨年9月の始業式。校長は全校児童の前で語り始めた。「2年生に、体は男の子だけれど心は女の子の児童がいます。そのせいでずっと苦しんできましたが、思い切って女の子としてみんなの前に出てくることになりました。温かく見守ってください」

 母親は保護者懇談会で子どもがGIDと診断されたことを打ち明けた。「どうしても女の子として学校に行きたいと言っています。希望をかなえてやりたい。お願いします」。異論は出ず、女児としての生活が始まった。

 児童はもともと男女どちらでも通用する名前で、呼び名を変える必要はなかった。トイレは女性教員用を使っている。秋の運動会では、入場行進やダンスは女児のグループ。でも徒競走は「体力差がある」との理由で、男児と一緒に走った。母親は「髪を伸ばしているので男の子たちの中にいると目立ってしまい、一部の保護者に『あの子よ』と指をさされ、可哀そうだった」と振り返る。

 今後の心配は体つきや声が変わってきた時のことだ。西日本の小学校では周囲の児童や保護者に公表せず女児として入学した男児が高学年になっているが、水泳の授業はフリルの付いた水着を着て下半身を隠し、宿泊行事の際は寝間着が乱れても困らないよう、就寝後に教師が女児たちの部屋から運び出したという。一方、埼玉県の児童の場合は周囲も事情を知っている。学校側は学年が上がってからも、他の子たちとの関係がうまくいくような支援を手探りで考えていくことになる。

 母親は「心配なことを挙げればきりがないが、誰もが当然のように経験していくことをその都度クリアしていけるよう、精いっぱい手助けしたい。これをきっかけに、社会の理解が進むといい」と願っている。

【関連ニュース】
性同一性障害:「性別変更夫婦の子も嫡出子に」団体が要望
性別変更夫婦:子供問題改善へ 千葉法相が方針
乳房形成手術:性同一性障害対象、国立大初の手術 岡山大が募集
性同一性障害者:松江臨職不採用で人権救済申立へ
椿姫彩菜さんが浴衣をプロデュース 京都・近江屋が販売

パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷-岡山・山陽道(時事通信)
市立病院部長が覚醒剤 使用容疑で逮捕(産経新聞)
<日中窃盗団>69人送検 被害15億円相当 京都府警など(毎日新聞)
雑記帳 エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)
国有無人島1億1万円で落札=初の競売、法人が新オーナーに-広島・呉(時事通信)

“持ちネタ”で喝采 知事が見せた外交術とは(産経新聞)

【橋下府政こぼれ話】

 2月6日で就任丸2年を迎えた大阪府の橋下徹知事。過激な発言が注目される知事の日常はどうなっているのか。大阪府庁を担当している記者たちが見た知事の素顔を“こぼれ話”として紹介する。

 ■人たらしの知事

 依然、人気の高い橋下知事。メディアを通しての過激な発言とは裏腹に、直に接すると実は礼儀正しいと、身近に接する人はいう。この意外性が「人たらし」の真骨頂か。計算にしろ、直感にしろその演出力に、当初は眉をひそめていた人も引き込まれてしまうという。だが、メディアが権力者に「たらされ」ていては洒落にならない。自戒せねばと思う。(伐栗恵子)

 ■公務なしでも…

 センセーショナルな発言を繰り返す知事周辺はいつもどたばた続き。担当記者は日々の動きを「橋下日記」としてインターネットのMSN産経ニュースにもアップしている。注目発言があればアクセス数も増えるが、休日などで知事の動きがなく「公務なし」の1行だけしかない日でもアクセスランキングの上位になることも。「何もしなくても注目されるのか」と、少々驚いた。(河居貴司)

 ■実はメール魔

 橋下知事がメール魔というのは府庁ではすでに常識。海外視察のときには、現地関係者との宴席を立て続けにこなし、未明にホテルの部屋に戻った後、約600通ものメールに目を通し、約200通の返信をしたそうだ。翌朝は「昨日は記憶がなくなるほど酒を飲んだ」と話した知事だが「1日でもメールを見ないと恐ろしい数になるから」とケロリとしていた。(今西和貴)

 ■ファッションは?

 タレント時代は茶髪とサングラスのイメージだったが、知事就任後は一変、さわやかな服装に落ち着いた。公務中はスーツが多いが、ピンク系のネクタイやポケットチーフでおしゃれ感を演出。服装は奥さんのコーディネートらしい。週末にはジーンズにパーカーといったラフなスタイルで登場する。茶髪時代に比べ「今の方がかっこいい」と女性職員の評判も上々だ。(池田祥子)

 ■10キロふとった

 知事当選時の2年前と比べると、少々体格がふっくらとしたように見える橋下知事。日頃の激務によるストレスが原因か、この2年で10キロも太ったらしい。実は、平松邦夫大阪市長も同じで、平松市長があるパーティーで「2人とも10キロ太った」と告白したのだ。府市連携といいながら、府市再編構想をめぐっては、すき間風も吹く2人の関係だが、体重だけは歩調を合わせていた。(康本昭赫)

 ■知事の外交センス

 あまり英語が得意ではないという橋下知事だが、海外視察先では英語でスピーチすると、必ずといっていいほど喝采を浴びる。持ちネタは「I have seven children(僕には7人の子どもがいます)」。このひとことだけで、こわばった表情だった要人たちもにっこり。張りつめた雰囲気だった会談も一気に和やかなムードに早変わり。意外な外交手腕に感心した。(今西和貴)

 ■7人の子供

 7人の子供の父親でもある橋下知事。激務が続くなか、公務の合間に子供の運動会に参加したり、ラグビーやボクシング観戦といった公務には家族を同伴することもある。こんなときには子煩悩な面を見せることもある。会見で「娘が携帯電話を持ちたいと言っている」と話したこともある。プライベートな面を露出して、親しみやすさを出すのも従来の知事と違うところだろう。(吉田智香)

 ■はてなきバイタリティー

 橋下知事は毎朝、登庁すると報道陣の取材を受けるのが日課だ。府政の課題だけでなく、政府の動きから季節の話題まで、記者の質問は多岐にわたるが、知事は大概、よどみなく答える。自宅に帰ってからも未明まで勉強を重ねるほか、毎朝、登庁前に新聞各紙に目を通すなど、記者とのやりとりにも準備を怠らないとか。しかもいつも元気。バイタリティーは底知れない。(池田祥子)

 ■ボトル水でPR

 大阪府議会でも「答弁調整はいらない」と話すなど自身の弁舌には自信を持っている橋下知事。記者会見でも予定時間をオーバーして話し続けることもしばしばだ。当然、のども渇くようで、会議や会見中にもよく水を飲む。手にしているのは、府営水道水をボトル詰めした「めっちゃおいしいやん!おおさかの水」。こんなところでも、ちゃっかり、大阪をPRをしている。(康本昭赫)

 ■370円定食

 橋下知事は普段、大阪府庁3階の知事室で執務している。事業の進み具合や課題をレクチャーする各部局の職員が15分単位ぐらいで頻繁に出入りし、めまぐるしい忙しさ。ゆっくり食事する間もないという。秘書によると、370円の出前弁当にカップみそ汁を作って飲むのが昼食の定番。魚の入った定食を選ぶことが多いというが、ときには愛妻弁当を持参することもあるそうだ。(河居貴司)

 ■尊敬する虫はゴキブリ 

 橋下知事はときにぎょっとする言葉を口にする。先日も「一番尊敬する虫はゴキブリ」と発言した。虫を尊敬するという発想も新鮮だが、対象が誰もが嫌うあの虫とは。聞いていた府民は大ウケだった。肝心の理由は「すぐ逃げて危機感がすごい」から。そこから関西3空港問題の解決に危機感がいるとつなげた。確かにフレーズは耳に残るが、その展開の強引さも“橋下流”だった。(伐栗恵子)

【関連記事】
橋下知事「上村愛子さん、悲願のメダルを」
府市合わせは不幸せ? 橋下知事に市長逆襲「大都市圏州めざす」
究極の公開?大阪府民の意見、HPで反映状況を公表 橋下知事
安全面さえ大阪府vs大阪市…市外の駅だけ転落防止柵なし
橋下知事「大阪の子供全員をUSJに連れて行きたい」と提案 府が実現性を検討

石川知裕議員 「不適切記載深く反省する」9日会見を訂正(毎日新聞)
B型、貧血リスク低い=遺伝子個人差、血液検査に関連-46種を発見・理研、東大(時事通信)
内服薬は1回量を記載=処方せんの書き方統一へ-伝達ミスを防止・厚労省(時事通信)
<ビル売却脱税>暴力団組長を起訴 東京地検特捜部(毎日新聞)
<アップル>音楽配信サイトで身に覚えのない請求相次ぐ(毎日新聞)

雑記帳 ホッキョクグマお別れ会 札幌(毎日新聞)

 札幌市円山動物園で6日、ホッキョクグマのサツキ(雌18歳)のお別れ会が開かれた。9日に旭川市旭山動物園へ移り、イワン(雄9歳)とペアリングを試みる。

 繁殖のため道内4園が計5頭を移動させる計画の一環。サツキは07年におびひろ動物園から円山へ。活発な姿が人気を集めたが、交尾に至らなかった。

 お別れ会で酒井裕司園長は「年末に可愛い子グマ誕生のニュースが聞けるのでは」と期待。重責を知ってか知らでか、サツキは見守る来園客に背を向けてシロップが掛けられた雪と牛肉をほおばっていた。【大谷津統一】

【関連ニュース】
COP15:解けるシロクマ…氷像で生態系の危機訴え
COP15:市民も後押しを 東京、京都でパレード
世界の雑記帳:ホッキョクグマのふん、薬剤耐性菌の研究に一役
ホッキョクグマ:嫁取り前に豪太、引っ越し--男鹿水族館GAO /秋田
ホッキョクグマ:豪太、釧路市動物園の有力候補と対面 知事「嫁取り」でお礼 /秋田

<新日鉄名古屋>「地下水に石灰混入」所長が陳謝(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>サンタ姿で暴行、放火 43歳の男を逮捕(毎日新聞)
【剛腕の実像 小沢氏不起訴】(下)「疑惑に…」政治倫理綱領の実践を(産経新聞)
ボクシング 亀田大毅戦の視聴率19%(毎日新聞)
新製品16品目投入で売り上げ3.8%増を目指す―ロシュ・ダイア(医療介護CBニュース)

福祉サービス拠点に 都立梅ケ丘病院跡地、世田谷区が取得へ(産経新聞)

 3月15日に閉院が予定されている世田谷区松原の都立梅ケ丘病院の跡地(約2万4千平方メートル)について、同区は4日、都から約145億~175億円で取得し、高齢者や障害者の在宅復帰を支援する施設など保健・医療・福祉サービスの拠点として整備していく方針を明らかにした。

 都は地元の世田谷区に優先して売却する意向を示しており、区は4月から基本構想づくりに着手するための費用約2300万円を22年度当初予算案に盛り込んだ。

 区によると、跡地に整備するのは、病院を退院した高齢者がリハビリを行う介護老人保健施設や、障害者が施設や病院から在宅生活に移行することを支援する地域生活支援型入所施設など。また、保健や福祉を支える人材を育成する福祉人材育成・研修センターなども検討している。区が大半を整備する方向だが、運営については民間事業者の誘致を図るなど、多角的に検討していくという。

<交通事故>コーヒー店にタクシー突っ込む 京都・左京区(毎日新聞)
小沢氏不起訴 法廷攻防へ 人権派ら異色弁護団 検察も総力戦(産経新聞)
死刑容認、過去最高の85・6%…内閣府調査(読売新聞)
喫茶店にタクシー突っ込み4人重軽傷=京都(時事通信)
免許手放し、半年間で27人=認知機能検査きっかけ-警察庁(時事通信)

反捕鯨団体、2隻で妨害=日本船団を南極海で(時事通信)

 水産庁は8日、南極海で調査捕鯨を行っている日本船団の母船「日新丸」に対して米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の2隻が同日午前7時半(現地時間同日午前5時半)ごろから放水やレーザー光線の照射などの妨害活動を行ったと発表した。
 同庁によると、6日にも調査捕鯨を妨害した「ボブ・バーガー(BB)号」に、SSが投入した船では最大とされる1000トン級の「スティーブ・アーウィン(SI)号」が合流し、日新丸を追走。SI号からの放水で日新丸の乗組員数人が水を浴びたものの、けがや船体の損傷はなかった。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
反捕鯨団体がまた調査妨害=予防船と接触
妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ
反捕鯨団体、ゴムボートで妨害=衝突以来9日ぶり

<センバツ>入場行進曲を録音 バラード曲がマーチに(毎日新聞)
<不動産仲介会社>わいせつDVD店入居させ逮捕 警視庁(毎日新聞)
<タミフル>副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁(毎日新聞)
性犯罪の再犯防止はどこまで可能か(産経新聞)
【中医協】安全な麻酔管理体制を評価(医療介護CBニュース)

<節分>風呂敷や袋で福豆キャッチ 名古屋・大須観音(毎日新聞)

 名古屋市中区の大須観音で3日、恒例の節分会があり、2トン近い福豆がまかれた。鬼面を寺宝とする大須観音での掛け声は「福は内、福は内」が習わし。午前10時から、福豆を買った人々が次々と高さ3メートルの特設ステージに上って豆をまき、境内は風呂敷や袋を広げ、豆を受け止めようとする人たちでにぎわった。【山田一晶】

【関連ニュース】
巻きずし商標権:イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決
節分:「福は内、福は内」成田山新勝寺 朝青龍は欠席
節分:「福は内」園児350人が豆まき 東京・浅草寺
野口聡一さん:鬼は地球の外?…チョコで宇宙の「豆まき」
通天閣:恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事

<交通事故>集団登校中の列に突っ込み、児童5人けが 茨城(毎日新聞)
和辻哲郎文化賞に今橋、互両氏(産経新聞)
郵便不正第4回公判 「証明書受け取り」で応酬(産経新聞)
首都圏連続不審死 木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
大阪・西成で不審火4件 自転車やビニールシートなど燃える(産経新聞)

並行輸入業者もカバー配布=英ベビーカー事故(時事通信)

 英マクラーレン社製ベビーカーに子供が指を挟まれる事故が多発している問題で、経済産業省と消費者庁は5日、対応が遅れていた並行輸入品でも各社が事故防止カバーの無償配布を始めたと発表した。大手7社が並行輸入し、販売したのは計約10万台に上るといい、同庁などは顧客に購入元への連絡を呼び掛けた。
 同社のベビーカーの可動部に子供が指を挟まれる事故は、国内だけで計56件報告されている。正規輸入品以外は防止カバーが不足していたが、7社のうち5社が独自に代用カバーを作製、残る2社は純正カバーを配布する。これで並行輸入品の9割への対応のめどがたったという。 

【関連ニュース】
マルチ3社、90億円所得隠し=ネット上の仮想空間ビジネス
ティンカーベルに警告=子供服の原材料など誤表示
ホットラインやっと全国稼働=共通番号で相談受け付け
子どもの不慮の事故防げ=消費者庁がプロジェクト立ち上げ
並行輸入品にも対応へ=英ベビーカー事故で製造会社

埼玉不審死、きょうにも再逮捕 交際男性殺害の疑い(産経新聞)
医療関係者への自殺対策研修を強化―政府が緊急プラン(医療介護CBニュース)
<陸山会事件>石川議員、保釈 報道陣の問いには答えず (毎日新聞)
<将棋>74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢(毎日新聞)
<小沢幹事長>キャンベル米国務次官補と会談 内容明かさず(毎日新聞)

陸山会へ迂回で1000万円移し替え疑い 小沢氏関連団体、資金洗浄か(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長と関係が深い政治団体「改革国民会議」が平成18年、3つの政治団体を迂回(うかい)させる形で、小沢氏の資金管理団体「陸山会」に1千万円の資金を移し替えていたとみられることが30日、産経新聞の調べで分かった。同年、急遽(きゅうきょ)減額された準大手ゼネコン「西松建設」のダミー献金を補填(ほてん)するための資金だった疑いがあり、識者からは「複数の政治団体を介在させた一種の資金洗浄(マネーロンダリング)だ」とする指摘も出ている。(調査報道班)

                   ◇

 18年の政治資金収支報告書によると、同会議は「改革フォーラム21」に1500万円を寄付。同フォーラムは「誠山(せいざん)会」に1100万円、誠山会は「小沢一郎東京後援会」に1千万円、後援会は陸山会に1千万円を寄付した。

 同フォーラムは東京都千代田区紀尾井町にある小沢氏の旧個人事務所や同会議と所在地が同一。誠山会と後援会は港区赤坂にある陸山会と所在地が同じで、大久保隆規容疑者(48)が当時両団体の代表だった。

 18年の前後2年を合わせた5年間の収支報告書をみると、同会議はこの寄付以外、小沢氏に近い議員集団「一新会」への18年の約1700万円と20年の500万円しか寄付をしていない。同フォーラムは寄付での収入、支出がほかにない。誠山会もほかの政治団体への寄付は「民主党岩手県総支部連合会」に例年、40万円前後を寄付しているだけ。

 団体間の寄付の実績からも18年の資金移動は不自然で、3団体を迂回させた同会議から陸山会への資金操作だった疑いがある。一連の寄付の日付は相前後するが、陸山会の不動産購入問題では売買の日付に虚偽があったことから、迂回献金を隠すために虚偽の日付を記載した可能性もある。

 陸山会への入金日は11月29日。西松は9年以降、2つのダミー団体などを使い、毎年12月に1500万円を小沢氏側に寄付していた。だが18年は10月に献金打ち切りを申し出て、2つのダミー団体に残っていた500万円だけを11月上旬までに寄付し、両団体を解散させた。

 そのため陸山会側の収支報告書の帳尻を合わせる上で、年末に当てにしていたダミー献金の不足分を補填するための1千万円だった疑いがある。産経新聞の取材に同会議からは30日までに回答が得られなかった。

                   ◇

 ■「小沢氏の財布」状態

 ≪上脇博之・神戸学院大法科大学院教授(憲法学)の話≫

「組織が完全には分離されていない複数の関連政治団体を介した、一種の資金洗浄といえる。こうした金の流れは、改革国民会議が『小沢氏の財布』だと改めて感じさせる」

                   ◇

【用語解説】改革国民会議

 小沢一郎氏が代表幹事や党首を務めた新生、新進、自由の3党で「政治資金団体」だったが、自由党の民主党合流で「その他の政治団体」となった。自由党は解散時、政党交付金5億円超を同会議に寄付した。しかし、解党時の残金は総務相が返還を命じることができると政党助成法は定めており、返還逃れだった疑いがある。また西松建設のダミー献金の受け皿は当初、陸山会ではなく同会議だったとされる。

京都・木津川市副議長らを逮捕 虚偽の建設業許可申請容疑で奈良県警(産経新聞)
<クレヨンしんちゃん>最終回を掲載 臼井儀人さん死去で(毎日新聞)
天皇陛下が風邪の症状(時事通信)
衆院選無効訴訟で請求棄却=比例区票の価値「平等」-東京高裁(時事通信)
<缶飲料>岐阜産使い「静岡茶」表記…製造会社を行政指導(毎日新聞)

国交省でも独自に調査=トヨタのリコール問題(時事通信)

 前原誠司国土交通相は5日、トヨタ自動車が日米でハイブリッド車(HV)新型「プリウス」のリコール(回収・無償修理)を検討していることに関連して、「トヨタ側からはまだ話は来ていない」と語った。その上で、この問題について国交省も寄せられたブレーキの不具合などの情報を基に独自に調査をしていることを明らかにした。同日、国会内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

名古屋3人死亡ひき逃げ、運転の男を逮捕(読売新聞)
<雑記帳>大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田(毎日新聞)
山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知(産経新聞)
小沢幹事長、嫌疑不十分で不起訴…陸山会問題(読売新聞)
父の代から? 不眠症薬「エリミン」不正販売か 開業医を書類送検(産経新聞)

仙台、福井の被害品 香港で押収 国内20~30件 爆窃団関与?(産経新聞)

 東京・銀座の貴金属店「天賞堂銀座本店」で1月、約2億4500万円相当の高級腕時計が盗まれた事件で、盗品処分の疑いで香港警察に逮捕された男らの関係先から押収された時計の中に、仙台市や福井県などで起きた4事件の被害品が含まれていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。男らの出入国記録などから、日本の警察当局は男らの「爆窃団」が国内で起きた20~30件の事件に関与した疑いもあるとみて捜査している。

 警視庁などは同日、捜査員らを香港に派遣した。押収された時計と被害品との照合状況、犯行に使用した工具の入手ルートなどについて情報交換するとともに、天賞堂の事件を香港の法律で処罰する「代理処罰」について協議する。天賞堂以外の被害品を持っていた経緯も調べる。

 捜査関係者によると、香港警察が逮捕、起訴した5人の関係先から181点の腕時計を押収。これらの製造番号と、日本で発生している窃盗事件の被害品を照合した結果、平成18年9月に仙台市内の百貨店で腕時計116点(6600万円相当)が盗まれた事件と、19年に福井県で発生した窃盗事件の被害品などが含まれていることが判明した。

 5人のうち3人は入国記録から、16年以降に来日を繰り返していたことが判明。3人の出入国の状況などから、3人を含む爆窃団が同年以降に発生した20~30件に関与した疑いもあるとみている。

【関連記事】
日本に群がる「爆窃団」 スピード逮捕で見えた強欲さ
銀座での腕時計窃盗、認める供述 香港警察の調べに男3人
隣接ビル壁にへこみ ジャッキ使用か 銀座3億円時計盗
壁に穴! 宝飾品3億円相当盗まれる 東京・銀座
犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは

大分県津久見市がワースト 全国市の生産性ランキング(産経新聞)
<強盗>無職男性を殴り現金50万円奪う 岐阜で男2人(毎日新聞)
介護ロボット、現場の手助けまで「あと一歩」(医療介護CBニュース)
「未公開株」被害者に「回復手続き」と詐欺(読売新聞)
日米同盟深化、具体策に着手へ=2日、局長級協議(時事通信)

雑記帳 「名水対決」名古屋市長、富山に1票(毎日新聞)

 「日本一おいしい水」を目指す名古屋市は28日、市公館で「名水他流試合」と称する水道水利き水会を開いた。相手は立山連峰を源とする富山市の水。名古屋市の河村たかし市長と「名水ご意見番」の24人が飲み比べた。

 おいしい水を決めるテレビ番組で富山市が1位になり、2位だった名古屋市が昨年10月に挑戦状を届けて対戦が実現。両市の水道水を分からないように別々のグラスに注ぎ、うまいと思う方を選んだ。

 結果は名古屋7人、富山が17人と名古屋が惨敗。河村市長が選んだのも富山の水で「なかなか『うみゃあ』こといかせん」と苦笑いしていた。【岡崎大輔】

【関連ニュース】
名古屋市長:給与800万円案、曲げずに議会提出へ
名古屋市長:「がん施設」建設へ…損害賠償金無視できず
河村名古屋市長:地域委員会投票率「2~3割あれば」
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
今年の漢字:名古屋の河村市長は「挑」…「芋」改め

雪の影響で19人負傷=転倒相次ぐ-東京(時事通信)
<普天間移設>総辞職覚悟で選定を 民主・海江田氏(毎日新聞)
<米軍機>神奈川上空で部品落とす けが人なし(毎日新聞)
接種後死亡症例で初の「関連あり」報告―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)
家宅捜索で容疑者が自殺未遂=護送責任者ら処分-北海道警(時事通信)

同盟深化めぐり日米が局長級協議(産経新聞)

 日米両政府は2日、外務・防衛両省の局長級による「日米安全保障高級事務レベル協議」(SSC)を外務省内で開催し、安保条約改定50年を踏まえた同盟深化協議を本格化させた。

 協議では、北朝鮮の核開発問題や軍拡を続ける中国の台頭など、アジア太平洋地域の安全保障環境に対する現状認識の共有から始めることを確認。宇宙利用、防災、サイバーなどの幅広い分野で日米の協力強化を検討していくことで改めて合意した。

 協議には、日本側から梅本和義外務省北米局長、高見沢将林防衛省防衛政策局長、米側からキャンベル国務次官補、グレグソン国防次官補が出席した。日本側は、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題についての政府の検討状況を説明した。

 両政府は、今年前半に外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を開いて中間報告の取りまとめを目指す。横浜市で11月に開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて来日するオバマ米大統領と鳩山由紀夫首相との首脳会談で、協議結果を反映させた新安保共同宣言の発表を検討している。

【関連記事】
安保改定50年 本質外れた反対運動、呪縛から思考停止に
安保改定50年 むしばまれた日米同盟 首脳同士の信頼感なく
安保改定50年でオバマ米大統領も声明「米の関与、揺るがず」
日米安保改定50年で共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」
安保改定50年で鳩山首相談話「同盟深化、年内に成果」(要旨)

<平野官房長官>現行案除外せず 名護市長選の結果に(毎日新聞)
<窃盗>宝石2000万円分盗まれる…大阪(毎日新聞)
「QCサークル活動」発表会を開催-東京都(医療介護CBニュース)
替え玉殺人判決 尹被告「全部うそでしょ」 遺族「真実を」願いかなわず(産経新聞)
企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で-前原国交相(時事通信)

オバマさんの脚みたい、日本一長~い足湯(読売新聞)

 長崎県雲仙市の小浜温泉に2日、長さ105メートルの日本一長い足湯がオープンした。

 無料で、利用時間は午前10時から午後6時まで。

 県と市が約1億円をかけて、県の公園「小浜マリンパーク」に整備。日本一高い源泉温度の105度にちなんだという。

 美しい橘湾を一望できる「腰掛け足湯」(35メートル)、足つぼを刺激する小石を敷き詰めた「ウオーキング足湯」(64メートル)、動物専用の「ペット足湯」(6メートル)の3種類で、源泉から毎分200リットルの湯が流れ込む。近くにはジャガイモやカキなどをかごに入れ、温泉の蒸気で蒸す釜も備えている。

 この日は記念式典後、出席者約100人が早速、足湯と海の展望を楽しんだ。

 市によると、これまで最も長かった鹿児島市・桜島の溶岩なぎさ公園の足湯(101メートル)を4メートル更新した。

保険金など2千万着服容疑、元郵便局長逮捕へ(読売新聞)
小沢氏聴取 自民、一気に攻勢 「理解不能」(産経新聞)
公設派遣村「否定的意見」が6割 都民の声まとめ(産経新聞)
ハイチPKOに自衛隊派遣=大地震被害に7000万ドル支援へ-平野官房長官(時事通信)
式妨害、新成人5人を逮捕=威力業務妨害容疑-秋田県警(時事通信)

ひったくり50件関与か=バイクで、容疑の男逮捕-警視庁(時事通信)

 東京都江戸川区の路上で、自転車の女性からバッグをひったくったとして、警視庁捜査3課などは27日までに、窃盗容疑で、千葉県市川市新浜、会社員剣持琢也容疑者(25)を逮捕した。
 同課によると、容疑を認め、「数十件やった」と供述。同区や葛飾区では1年前から、バイク使用のひったくり約50件(被害総額200万円相当)が夕方に発生しており、関連を調べている。
 同容疑者は築地市場内の青果卸会社に勤務しており、同課はバイクで帰宅途中にひったくりを繰り返したとみている。 

【関連ニュース】
遺留物から無職男DNA型=Tシャツ血痕、荻野さんと一致
仲間飛び降り死「ニュース見て怖く」=少年2人出頭、万引き容疑で逮捕
自宅から女性用靴下300足=逮捕の男「興味あった」
無職男、窃盗容疑で再逮捕へ=千葉大生殺害も視野
「銀座のママは金持っている」=ひったくり容疑で少年5人逮捕

時効ぎりぎり、7年前の強姦・強盗容疑で逮捕(読売新聞)
<地域委員選挙>ピンチ 参加申請3.3% 名古屋(毎日新聞)
<雑記帳>高橋大輔選手に猫駅長「たま」のお守り(毎日新聞)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
鳥取不審死で36歳女を再逮捕…強盗殺人容疑(読売新聞)
プロフィール

ミスターしょうぞうおざき

Author:ミスターしょうぞうおざき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。