スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今の会社に一生勤めたい」過去最高57・4%(読売新聞)

 「今の会社に一生勤めたい」。そう考える新入社員が57・4%に上り、過去最高を更新したことが21日、公益財団法人「日本生産性本部」のアンケート調査で分かった。

 その一方、「起業して独立したい」と答えたのは過去最低の12・8%だった。今春の新入社員の大半が2008年秋のリーマンショック後に就職活動を始めた世代で、同本部では「不況による就職難の影響から、年々安定志向が強まっている」としている。

 調査は1990年から毎年実施。今回は同本部主催の研修を受けた新入社員1908人の回答をまとめた。

 「一生勤めたい」との回答は前年比2・2ポイント増。20%台の数値だった2000年前後から年々増加傾向で、同1・3ポイント減らした「起業して独立」との差は開く一方だ。転職についても、「しないにこしたことはない」が34・2%と、過去最高だった昨年(34・6%)と同水準だった。

<ハノイ貿易大>日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
外国人参政権 報道、危機感乏しく(産経新聞)
福井県の女性滑落死=北ア・鹿島槍ケ岳-長野県警(時事通信)
「ますぞえ新党」幻に=公選法違反? -新党略称(時事通信)
志願者2万4000人=法科大学院入試、低水準続く-文科省(時事通信)
スポンサーサイト

<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)

 国が司法修習生に給与を支給する「給費制」が廃止され、11月から生活資金を貸し付ける「貸与制」が導入されることに対し、弁護士や修習生から反対の声が上がっている。司法試験合格までに奨学金を借りている修習生が多く、貸与制でさらに借金が必要な状態になると、「金持ちしか法律家になれなくなる」との懸念があるためだ。日本弁護士連合会は15日、給費制の維持を訴えていくために緊急対策本部の設置を決めた。【伊藤一郎】

 日弁連が09年に実施したアンケートによると、司法試験合格者の53%が、法科大学院在学中(2~3年間)に奨学金を利用した。金額は平均約320万円で、最高は1200万円に達した。

 現在、給与をもらいながら司法修習中の男性(26)は、3年間の法科大学院生活で600万円の奨学金を借りた。修習生のアルバイトは禁止されており、「貸与制になって借金を抱えた人が弁護士になれば、返済のために金になる仕事しかしなくなる」と心配する。

 日弁連は貸与制の問題点を指摘する意見書を公表してきたが、導入反対に向けた本格的取り組みはなかった。だが、4月に就任した宇都宮健児会長は「会長選のために全国行脚する中で、法科大学院で多額の負債を抱えた若手弁護士がいかに多いかを知った」といい、「貸与制になれば負担が増し、貧乏人は法曹の道をあきらめなければいけなくなる」と指摘する。

 若手弁護士も行動を起こしている。仙台市では今年1月、弁護士や学者ら70人が市民グループ「市民のための法律家を育てる会」を結成。街頭宣伝や集会で、貸与制の問題点をアピールしている。

 中心メンバーの渡部容子弁護士(28)は「給費制の廃止は、国が質の高い法律家を育てる義務を放棄したに等しく、結局は国民が不利益を被る。サービスを受ける市民の問題であることを理解してほしい」と訴えている。

 司法修習を所管する最高裁は日弁連の方針について、「現在、担当部署で貸与制開始に向けて準備を進めており、特段のコメントはない」としている。

 ◇ことば 司法修習

 司法試験合格者が1年間、裁判所や検察庁、弁護士事務所で実務研修を行う制度。裁判所法に基づき、国は月約20万円の給与や通勤手当を修習生に支給してきたが、法曹資格取得を目指す個人のために公費を支給することを疑問視する声もあり、04年の法改正で制度改正が決まった。今年11月に修習が始まる新64期(新試験組)から給与はなくなり、毎月18万~28万円が貸し出される。無利子だが、修習終了後5~10年間で返済できない場合は、遅滞利息が生じる。

【関連ニュース】
<弁護士の話題>弁護士法違反:司法書士ら告発 無資格で法律事務の疑い
<弁護士の話題>「特上カバチ!!」:非弁活動助長?弁護士会が抗議
<生活が苦しい>多重債務:原因、4割が「生活苦」
<生活が苦しい>働くことと自殺の関連性、改めてクローズアップ
<生活が苦しい>貧困ゆえに低学力、意欲向上どう導く

<日産子会社>下請け業者への代金を不当に減額 公取委勧告(毎日新聞)
<雑記帳>静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>中国側捜査員月内にも来日(毎日新聞)
<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)
<振り込め詐欺>泥はね服汚れた…大阪府警が容疑者逮捕(毎日新聞)

法相、社団法人調査を指示 無利子融資問題で(産経新聞)

 千葉景子法相は13日午前の記者会見で、法務省が所管する社団法人「民事法情報センター」の理事長が無利子、無担保で同法人から1500万円の融資を受けていた問題について「実情については改めてきちっと調査をするよう指示した」と述べ、内部調査に乗り出す考えを示した。

 この問題は政府の事業仕分け第2弾に向けた衆参当選1回生議員らが行った事前調査で判明した。千葉氏は「逆に言えば内閣、鳩山政権として、こういうものにきちっと対応していくという姿勢がはっきりした。大変プラスなことだ」と強調。外部から指摘を受けるまでこうした問題が明らかにならなかった点に関しては「(1回生の事前調査は)内部での調査とイコールだと思う。いろんな角度から指摘があれば真(しん)摯(し)に受け止め、自らもチェックをより一層していく」と述べた。

【関連記事】
仕分け第二弾 民間仕分け人31人内定 外国人は除外
仕分け第2弾 54独法が対象
政府「行政事業レビュー」 過去の無駄、今さら見直し 参院選アピール狙う
千葉法相、女性問題の中井氏に苦言
千葉法相、夫婦別姓の今国会提出に改めて意欲
外国人地方参政権問題に一石

障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」-名古屋高裁(時事通信)
「すぐにでも宇宙に」思い募る=油井さんら宇宙飛行士候補3人会見(時事通信)
まるごと富津の海の幸、ご当地グルメ「海堡丼」(産経新聞)
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響-気象庁(時事通信)
菅家さんの選挙権回復(産経新聞)

賢治の青春たどるHP、母校の岩手大生ら公開(読売新聞)

 宮沢賢治の学生時代をインターネット上で紹介するホームページ(HP)「宮沢賢治ノ青春キャンパス」を母校の岩手大(盛岡市)の学生らが作成し、公開を始めた。

 賢治は同大農学部の前身、盛岡高等農林学校の卒業生で、1915年(大正4年)から5年間を過ごした。キャンパス内には賢治が学んでいた頃の本館や図書館などが残る。

 HPでは、賢治が友人3人と文芸同人誌を創刊した経緯から4人の学生生活、メンバー1人の突如の退学、それぞれのその後の人生などを当時の写真や原稿とともに紹介。時系列のエピソードに沿って、アルバムのページをめくる様に賢治の青春時代をたどることができる。

 また、「キャンパスツアー」と題し、学内の地図に賢治ゆかりの建物など12か所を表示。それぞれを様々な角度から立体的に見られるようにした。

「たちあがれ日本」参院選で10議席以上目標(読売新聞)
悪質リース契約再燃 解約応じず、高齢者泣く(産経新聞)
<多摩市長選>無所属新人の阿部氏が初当選 東京(毎日新聞)
韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 (産経新聞)
放鳥トキの卵確認=自然界で産卵初めて-環境省(時事通信)

桜前線東北入り間近 民間3業者予想(河北新報)

 桜前線は1日、関東北部や北陸に到達し、東北入りが近づいてきた。気象情報関連の民間3事業者による最新の桜開花予想では、いわき市の2日を皮切りに、平年並みかやや早めの開花が予想されている。仙台での開花は10日前後とみられ、間もなく春本番を迎えそうだ。

 各社の最新予想は表の通り。日本気象協会(東京)は3月31日、ウェザーニューズ(同)とウェザーマップ(同)はともに1日現在の予想。それぞれ数日の幅はあるが、いずれも平年並みか早めで、昨年より遅い開花を見込んでいる。

 日本気象協会は標本木や協力機関からの観測データを重視した。秋以降の気温変化に重点を置く独自手法で予想。標本木だけでなく、自治体や公園などが管理する桜も含め、東北では12地点を対象にする。

 ウェザーニューズは、1輪でも咲いた日を開花日と定義。過去の気象データを基に、一般の人からの観測情報なども加味する。東北では名所別に84カ所の開花予想を手掛ける。

 近くの場所でも開花日は分散するとして、面積の広い都市では幅を持たせて発表。「仙台」の開花は8~13日としている。同じ仙台市内でも西公園の桜の開花は、榴岡公園より2日遅い12日とした。

 ウェザーマップは、気温と開花日の関係を最新のデータで推計して調整。各地点の予想気温を独自に解析した上で、1万通りのシミュレーションを行って平均を取った。東北では、気象庁が開花を発表する6地点を予想した。

 気象庁は桜の開花は発表するが、開花予想は今年から取りやめた。これに伴い、民間の予想が注目されている。


<企業献金>海洋土木業者がパーティー偽装し資金集めか(毎日新聞)
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
金沢のスーツケース遺体事件、出頭の男逮捕(読売新聞)
弟を助けようと…10歳水死=佐賀(時事通信)
<雑記帳>愛称は「米子鬼太郎空港」(毎日新聞)

<エフエム東京>40分の中断事故、放送が無音に(毎日新聞)

 「エフエム東京」(本社・東京都千代田区)は29日、同日午前0時から約40分間、同社のTOKYO FM局で放送中断事故があったと発表した。

 同社によると、同日午前0時1分7秒から同40分56秒までの放送が無音となり、予定していた「渡辺貞夫ナイトリー・ユアーズ」と「天才ピアニスト横山幸雄のピアノでめぐり逢い」が聴取できなかった。放送用電源の障害が原因という。

自転車専用? 県庁前の歩道標識で二重のミス 新潟(産経新聞)
積立金1430万円を横領=海自事務官を免職-鹿児島(時事通信)
伊調千春さん 故郷・青森の高校教諭に(毎日新聞)
JR脱線 立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も(産経新聞)
3歳男児が転落死 マンション14階のベランダから誤って転落?(産経新聞)
プロフィール

ミスターしょうぞうおざき

Author:ミスターしょうぞうおざき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。